「トラースマッタのWORK SHOP」

BlogもWorkShopも約1年ぶりとなります!

大変ご無沙汰をしております。お久しぶりです。


この1年、世の中が大変な状況となり、同じタイミングで私自身は妊娠、出産と慌ただしくなったためワークショップがなかなかできておりませんでした。

やっと少しワークショップを企画できる状況になったので、前々からやりたかった「トラースマッタ」のワークショップを開催することにしました。

ちょうどSDGsにも関心が高まってきているので、いいタイミングかな〜と思ったりしてます。


Trasmatta/トラースマッタはスウェーデンの伝統でもある、古い生地などを使った織物で、日本でもお馴染みの裂織りとベースは同じです。

ただ、今回は私が2014年にスウェーデンのサマースクールに参加した時に習ってきたテクニックを使ったミニマットを作りたいと思います。





一つは短めの裂いた生地をグラデーション状に入れて織っていくもの。

もう一つはリボン状に入れて、立体的に織るもの。


デザインはある程度ご自由に考えていただけます。


サンプルに使ったのは、古くなったシーツと洋服を作った時になどに出た端切れ、着れなくなったデニムです。シーツは一番使いやすいですね!

大きなもののカット方法はローラーカッターやロックミシンを使います。

できるだけ当日は作業時間が多い方がいいかと思いますので、できる方はご自宅で糸状にして持ってきていただければと思います。やり方はお申込みいただいた後お伝えします。



色は彩度や明度の違うものを使った方が、可愛く仕上がりますのでお家の中でぜひ探してみてください。



織る道具は木枠の織り機(M)。

こちらは購入可能なので、もしご自宅でも作りたいという方はお申し込みの際に備考欄に購入希望とお知らせください。木枠織り機のMセットをご用意しておきます。






<ワークショップ詳細>

日程 : 2021年7月14日(水)・7月17日(土)

時間 : 10:00〜12:30

定員 : 3名様

持ち物 : 不要になった生地や衣類/シーツや端切れなどおすすめです。 (ニットものは不可)

参加費 : 3,500円(当日現金払いのみとなります)

*織り機の購入をご希望の場合は別途料金が掛かります。

​​場所 : Found & Made 東京都国立市北2-35-57



お申し込みはWORKSHOPページよりお願いいたします。