VÄV2017③ スウェーデン織り物見本市と手織り工房巡り


さて、前回はVAVMESSEが開催されたヴェクショーのお話でした。

ヴェクショーの次はMärta Måås-Fjetterströmの手織り工房のあるボースタッドへ。

朝一番の電車に乗り、約3時間かけてボースタッドに向かいました。

ホテルで朝食を食べれなかったので、スタッフの方がテイクアウトでパンやチーズ、ヨーグルトを持たせてくれました!ありがたい!

ルンドで乗り換え、ようやくボースタッドへ。

すぐバスに乗らないと、市内までのバスが当分ないのでダッシュで向かうも、運転手のおじさんわりとノンビリ〜としておりました。私たち以外に乗る人はあまりいなさそう...

チケットを買おうとすると、どうやら電車でボースタットまで買っていると、市内までのバス代も含まれているとの事!なんて便利!しかも帰りはコペンハーゲンに行く予定なので、コペンハーゲンまでも買えるのかと聞くと、それも大丈夫!国もまたげちゃうの?バスのシステム進化してるな〜しかもみんなクレジット払いで、2人合わせて買うと安くなるとか・・・これまたありがたい!

市内に近づくと、ちらほらお店が見えてきましたが、ボースタッドは夏は沢山の人が訪れる海沿いの別荘地なので、この時期は閑散期で人はあまりおりませんでした。

バスを降りて5分ほどで、目的のMärta Måås-Fjetterströmの手織り工房へ到着しました。


建物も素敵!

中の写真はNGだったので、お見せできないのが残念ですが、本物の作品をみて感動しました!

いままでフロッサを織る事にあまり興味がありませんでしたが、見た瞬間、これはやりたい!と思いました。昨日のヴェヴメッセでもっとウールを見ておけば良かった・・・

職員の人が作品についてやMärtaについての歴史を説明してくださり、また工房内を丁寧に案内してくださいました。

Märtaはもう亡くなっていますが、彼女の作品は引き継がれ今はオーダーでひとつひとつ職人さんたちが織っています。Märtaの作品はなにより豊富な色によって成り立っており、糸の倉庫には今まで見た事のない沢山の種類の色のウール糸が所狭しと陳列されていました。

すべて色のデータが残っており、織り子さんが染色から織りまで一貫して行なっているそうです。

かなり具体的な質問にも快く答えてくださり、かなり今後の参考になりそうです!

作品集は買えたので、そちらの写真を載せます。


中にもっともっと沢山素晴らしい作品が載っております。

こちらの本は、お店のワークスペースに置いておくのでもし機会があればぜひ見にきてください。

帰りのバスまで時間があったので、歩いてすぐの海辺を散歩する事に。


なんか絵になるなあ。

あの桟橋の小屋から階段を降りて泳ぐ人を発見。日本だと秋の気候・・・

欧米の方は肌が強いなー!

そして砂浜の脇に沢山のキノコが!


ちっこいのがポコポコ生えてて可愛かったな〜

バスに乗り、乗り換えする事無くコペンハーゲンに向かう電車に乗れました。

2時間ほどでコペンハーゲンの中央駅へ!

この日は移動に計5時間以上かかり、かなりのハードスケジュールでした・・・

このあといつもクイストゴーの食器を送ってくれる方のところへ行く予定ですが、

これはまた次のブログで!

Found & Made

サノ

#VAV2017 #北欧 #手工芸 #スウェーデン #手織り #テキスタイル

  • Grey Facebook Icon
  • Grey Instagram Icon
  • Grey Pinterest Icon

2-35-57 KITA KUNITACHI-SHI TOKYO 186-0005
TEL: 81 (0)42 505 9517

〒186-0005 ​東京都国立市北2-35-57

TEL/FAX 042 505 9517

copyright © Found & Made. All rights reserved.