Weaving Share


この夏Weaving Shareを始めてから、すでに数回やってきましたが、今までの参加者の方の作品などご紹介させていただきたいと思います。


ちなみに「Weaving Share」とは・・・

私が勝手に作った造語ではありますが直訳の通り、織りの共有です。

だんだんとお店に足を運んでいただくお客様も増え、手織りに興味をお持ちのお客様と直接お話しする機会もあり、手織りはやってみたいけどハードルが高そう、平織りはやったことはあるけれど組織織りもやってみたい、などいろんなお声をいただくようになりました。

せっかくセッティングするならなるべく長くタテ糸を掛けてあげたかったり、私自身もまだまだ勉強途中で、いろんな織りをやりたい思いがありました。

そこで思い至ったのが、みなさんと織り機やパターンを共有する「Weaving Share」でした。

織り機は譲っていただいた、アシュフォードの8枚綜絖が4台。

これを2台ずつ回して、2〜3ヶ月に2パターンづつセッティングしていく予定です。

さて、夏からのんびりペースではありますが、3回ほど回を重ねてきました。

初めての方がほとんどでしたが、みなさん慣れるのも早く、思っていたより進みが早くてびっくりしました!


ヨコ糸は自由に選んでいただいているので、みなさんそれぞれの個性の出た作品が出来上がりました。順にご紹介させていただきます。

「Twill&Plain Weave 」


ヘムのグリーンがポイントです!

テーブルマットにされるそうです。仕上げにフリンジのアレンジを頑張られていました。

「Munkabalte」


チャコールとブラックの組み合わせが素敵です!

バッグにされる予定だそうです。仕上がり見てみたい!

「Twill&Plain Weave」


1-3の綾織りにしていたので、裏の方がタテ糸がはっきりとでています。

タペストリーにされるそうです!色がシックで素敵ですね!

「Munkabalte」


途中で段数間違えてしまいましたが、それもまた変化がついて臨機応変にアレンジを上手にされてました!参考にした図案も赤い糸を使っていましたが、やっぱり可愛いです!

saredoさんの赤がとてもいい感じです。

「 Twill&Plain Weave」


私も大好きなこのブルー!

一色を使い、とても集中して織られていました。耳も綺麗で、初めてとは思えない仕上がりです!

仕上げに黄色のタッセルをつけてタペストリーにされるそう。

想像しただけでオシャレです!

今回使用した糸は、

<Twill&Plain Weave> タテ糸 : GarnhusetIKinnaのBomull 8/2 ヨコ糸 : GarnhusetIKinnaのMinisnodd

<Munkabalte> タテ糸 : GarnhusetIKinnaのBomull 8/2 ヨコ糸 : GarnhusetIKinnaのBomull 8/2 とsaredoリサイクルコットン

saredoさんのリサイクルコットンは、手つむぎ感があり、それがウールっぽくもあり、ベースの白といい素材のコントラストもでました。

今回は(も)久しぶりの投稿になってしまいました^^;

慌ただしく過ぎていった4ヶ月で、ブログを書く時間がなかなか取れずもう秋に。。。

少し落ち着いたので、この期間にあったイベントや、ワークショップのことも書きたいと思います。

Found&Made

サノ

#手織り #WeavingShare #教室 #スウェーデン織り

  • Grey Facebook Icon
  • Grey Instagram Icon
  • Grey Pinterest Icon

2-35-57 KITA KUNITACHI-SHI TOKYO 186-0005
TEL: 81 (0)42 505 9517

〒186-0005 ​東京都国立市北2-35-57

TEL/FAX 042 505 9517

copyright © Found & Made. All rights reserved.